mapryでできること

           

森林の境界確認や森林調査

                 
  • 境界の確認をするには多大な労力が必要ですが、GPSログと写真の現場データを森林所有者へ簡単に共有・調整することで、煩わしい立ち合いなどの労力を軽減させることができます。
  •              
  • 立木調査や地況調査など現地での森林調査、森林計画作成、データ管理、施業履歴を一元管理することができます。
  • アプリ内のデータを任意のメンバーに簡単に共有できるので、ファイルを出力したりする必要がありません。
           

QGIS等のGIS連携

                 
  • ベクタレイヤやラスタレイヤをmapryへ出力することによって、現場でQGISの地図データを確認することができます。
  •              
  • ベクタレイヤの地物の属性データ(データベース)をmapryへ出力することによって、現場で属性データの修正をすることができます。
  • 写真や動画を属性データとして保存することで、より分かりやすい地図情報を作成することが可能です。

オフラインマップ

                 
  • オンライン時に表示したいマップを読み込んでおくことで、現場がオフラインでもマップの表示が可能です(国土地理院地図のみ)。
  •              
  • オフライン時にGPSトラッキング+写真撮影をしても、オンラインになった次点に自動で画像をアップロードします。

導入事例

mapryの使い方

         

2ステップで利用開始できます。

グループの作成

  1. メニューの「グループ管理」からグループを作成します。
  2.                
  3. このグループ内のポイントが「公開」か「非公開(デフォルト)」は、グループ作成時に決まります。
  4. ※グループの作成はiOS版とWeb版どちらも可能です。
             

地図データのインポート

                   
  1. GeoPackageまたはkmlファイルをインポートします。
  2.                
  3. インポートしたベクタレイヤやラスタレイヤに、グループを選択します。
  4.                
  5. ※mapryでは、インポートしたレイヤは「ポイント」として登録されます。
  6.  
  7. ※地図データがない場合は、Web版のマップページ右下アイコンのいずれか(エリア・ライン・スポット)を選択し作成したい場所を選んでポイントを作成できます。

現場で使える森林管理ツール 現場で使える森林管理ツール

                 
  • 森林活動に
  •              
  • 防災活動に
  •              
  • 研究活動に
Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう

山も、畑も、防災も。GISが変える、地域のミカタ

Apple Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう